FC2ブログ

模索

コロナ騒動が始まった頃はまだ寒かったのに、気がつけば真夏ですね。

前回ブログで書いたようにコンサート業界は現状ほぼほぼ自粛が続いております。いつもだったら夏はフェス仕事やらで大忙しなんだけど・・・相変わらず家で過ごす毎日です。まあ、元々インドア派の自分としては夏はどちらか言うと苦手だからいいんだけどさ(と、ポジティヴに考えてみる)ww

ここまで長い間仕事もなく家で過ごすのは初めて?うん、間違いなく初めてだな(笑)この数ヶ月、仕事や音楽活動ができなくなり家での時間をどのように過ごすか・・・。同業者はみんな同じように考えたはずです。そして「今できること」と「これから先できること」の「模索」が始まりました。

家にいる訳だから当然その中でできることを探すしかありません。そうなると必然的にパソコンというものが中心になります。

最初に手をつけたのは「音楽制作ソフト」でした。DAWってやつですね。元々、数年前から興味を持ち始めて仕事の合間をみてちょくちょく触ってはいたけど。せっかく時間ができたのでもう少し深く足を踏み入れてみることにしました。

前から自分の頭の中にあるアイディアを曲にしてみたいという思いはあったんだけど、ギターも弾けないしなぁ〜と、なかなか進めなかったのがDAWのおかげで色んなアイディアをちゃんと音で表現できるようになったのは嬉しい。便利な世の中ですね(笑)とはいえそれほど作曲の経験やノウハウがある訳でもないので、ちょっとずつ勉強しながら将来的には何らかの形できちんとした自分の作品を何か世に出せたら・・・と淡い期待を(いつになることか/笑)。

音源制作には様々な要素がありますが、やっぱりドラマーなのでとっかかりとしてはドラムパートを作るところから入りました。色んな音源や設定を使うことでかなりリアルで臨場感のあるドラム音源を作れるんだよね。なかなか楽しい!エレドラで叩いたフレーズやタイム感をそのまま取り入れることもできるし面白いです。

最近はドラムフレーズをちょっとしたサウンドクリップにして試しに音素材サイトにアップしてみたり。






今はまだまだ勉強している段階なので、思い描いているような「楽曲」はできていませんが、こうやって少しずつアイディアを形にしていくのが楽しいです。今後これが仕事に繋がるかと言うとかなり難しいかと思いますが、自分の手で一から何かを作っていくというプロセスは仕事云々とは関係なく大切な気がする。そういう意味ではコロナで休業になって持て余している時間を有効に使えるのは良いことかと。

続く



*サウンドファイルはAudiostockにて販売もしております

AudiostockでBGM・効果音を販売中!


現状

久々にブログを書いてみました。

コロナ騒動が始まった2月下旬以降、自分が主に仕事にしているコンサートやイベントの現場が全てストップした。その状況は今も変わらず続いている。

コンサートに携わる仕事。今では天職と思っているが、思えば20代の頃はドラマーで食っていくことしか考えてなくて、ともかくバンド活動に明け暮れていた。BLINDMANでメジャーデビューして全国を何度もツアーして回った。でも、ハードロックバンドというのは決して儲かる仕事じゃない。気がつくとバンド活動に殆どの時間を使ってしまっていたことでろくにバイトもできずお金は底をついていた。2002年にBLINDMANを離れ、何も無い状態。バンドも金も仕事も。

その後はいくつかのバイトを転々としていたが、ひょんな事から音楽業界での「通訳」という仕事に出会った。まさに転機。勿論、最初から通訳で食える訳ではなかったので他のバイトも並行してやっていたが、少しずつ世界が広がっていった。アーティストのアテンドだったり、インタビュー通訳だったり、コンサートやイベントの設営現場での通訳だったり・・・やがてツアーマネージャーの仕事や大きなフェスの舞台通訳をするようにもなった。仕事が増える時もあれば減る時もあった。でも、色んな人たちの協力や後押しもあってコツコツ頑張りながら続けた結果2015年から洋楽コンサート現場での舞台監督を任されるようにもなった。それまであまり関わりのなかった邦楽のバンドからも仕事を頂けるようにもなった。自分は決して世渡り上手な方ではなかったので・・・他の人に比べればだいぶ遠回りをして時間はかかったけど、少しずつ積み上げてきたものがやっと形になり始めて、モチベーションも高くなっていたし気持ちにも余裕が生まれた。

そんな時に・・・コロナですよ。

全てがストップ。予定していた来日ツアー仕事も、海外ツアーの仕事も、自分のライブも、色んなプランも、楽しみにしていたことも全てが止まってしまった。数ヶ月待てばまたいつもの仕事に戻れると思った・・・が、今も仕事やライヴの復帰の目処は全く立たない。何も無い日々がただただ続いていく。ニュースを見ていると日本だけでなく世界各国でも収束の糸口すら見えてこない。音楽業界のあり方も変化を余儀無くされる。それを見ていていると「元の状態に戻れるのか?」と不安を覚えるようになる。コツコツと積み上げてきたものが、こんなに簡単に崩れてしまうものなのかと。

「元の状態に戻れるのか?」その答えは誰にも分からない訳で。「元の生活/仕事」に戻る準備と「新たな生活/仕事」を見出さなければいけないという覚悟の間で気持ちが揺れ動く。正直、何もする気が起きない日もある。モチベーションを保つのがとても難しい。多かれ少なかれ、みんな何らかの形でコロナの影響を受けている。特に同業者。だから弱音を吐くものじゃないとは頭で思ってるけど・・・ちょっとは吐き出したくなる日もある訳です。

とはいえ、下を向いてばかりじゃ何も始まらないので、なるべく何かモチベーションに繋がることを頑張って探すようにしています。

それが今の「現状」。

ともかく1日も早くコロナが収束することを願うばかり。そして、大好きな音楽の現場で大好きな仲間たちと音楽の世界をまた作っていける日が戻って来ることを祈ってます。思う存分、音楽が楽しめる世界が戻ってきますように。

HELLOWEEN Japan Tour【後編】

今回も「HELLOWEEN Japan Tour」について。

仕事内容については【前編】で説明しています。
まだ読んでない方は是非そちらも!

HELLOWEENの仕事に携わるのは実は今回が初めて。
自分も過去に一度だけHELLOWEENのコンサートを客として観ていますが
調べたら1992年のPink Bubbles Go Ape Tourでした。
なんと実に26年前!!

そんな26年前に観た時のメンバーが再び戻って来て
当時の楽曲を沢山披露してくれた訳なので
働いているこちらとしても、やはりテンションは上がりますよねw
仕事をしているのでがっつりステージを見ることはできないけど
舞台裏から聴こえて来る"Eagle Fly Free"や"Future World"等の
キスク時代の楽曲にはついつい仕事の手を止めてしまいました(笑)
またマイケル・キスクの現役感バリバリな歌も素晴らしかったですね。
全く衰えないハイトーンと声の太さには驚きました。


Helloween08 edit



仕事柄、色々なミュージシャンやクルーとツアーをしますが
今回のHELLOWEENチームはともかくみんな仲が良く
いつも楽しそうにしているのが印象的でした。
外国人チームが雰囲気いいと当然日本人側も仕事がやりやすいし
コンサート自体も素晴らしい内容だったと思うし
色々な意味で良いツアーだと言えるものでした。

あと、個人的な話をすると
久々に札幌に行くことができたのが嬉しかったなぁ。
勿論、ゆっくりする暇もないんですけど。。。
少ない自由時間を利用して大好きなラーメン屋に行きましたけどね(笑)


Helloween11.jpg



「信玄」というラーメン屋の「コク味噌」!
自分的には日本一の味噌ラーメンだと思っています(笑)
かれこれ10年ほど前に札幌の主催者さんに教えて頂いたお店で
札幌へ行く時に時間があれば必ず立ち寄っていましたが・・・
実は5年ほどお店に行くことができず。。。
かなり久々の信玄でしたが

相変わらずウマい!!
ここまでコクがあって味わい深い汁はあるのか?!
と思ってしまいますね(笑)

次はいつ食べれるかな・・・

最近では札幌に行く仕事もレアになってしまいましたが
また行けることを願っています。
ラーメン以外にも美味しいものが沢山あるしね〜。

ツアーの仕事で色んなところへ行くことができていいね〜
なんて言われることもありますがw
自由時間が全くない時も珍しくはありません。
今回も少ない自由時間しかなかったけど
その土地の美味しいものをひとつでも味わうことができて感謝です。

そんな訳で今回はHELLOWEENツアーのお話でした!


Helloween19 edit



次回もまた別のツアーのお話をする予定です。
お楽しみに!



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

HELLOWEEN Japan Tour【前編】

久々のブログ更新です。
というか・・・いい加減ブログ復活させなきゃと思って
重い腰を上げてみました(笑)

いつもはライヴのお知らせとか
告知めいた内容のものばっかりアップしていましたが
せっかくブログをまた書くならもうちょっと面白くしてみようかとw

ということで、たまには自分が携わっている
音楽関係の色々なお仕事についてを書いてみようと。

ブログ復活第一弾は
3月中旬から下旬にかけて同行したHELLOWEENの来日ツアーについて!

今回のお仕事は【クルー通訳】

そうなんです・・・
自分の場合は現場によってその度に役割が変わるんです。
通訳だったり、舞台監督だったり、制作だったり、ツアーマネージャーだったり。。。
今回のクルー通訳は簡単に説明すると

「外国人スタッフの通訳」

来日アーティストによっては大勢のスタッフ(クルー)が同行する場合があり
アーティストと移動行程も変わってくることから
クルーにも通訳が付けられることがあります。
移動する際や会場におけるクルーのアテンドが主な仕事です。

今回はメンバーチーム8名とクルーチーム8名ということで
クルー通訳が必要になり依頼されたという感じ。

Helloween12.jpg


今回のPumkins United Japan Tourは公演数も多かったので
ともかく移動が大変でしたね・・・
この「移動」というのがアテンド通訳にとって重要ポイントだったりします。

特に別の都市への移動日は色々と気にすることが多いんです。
ホテルの出発時間に全員揃っているか?
全員チェックアウトを済ませているか・・・等
これが上手くいかないと後の移動行程に支障が出る訳です。

で、その日の移動が新幹線だったりするとこれまた色々あって
ホームでの停車時間が限られているので乗車/降車の際はすごく神経を使います。
また、駅の構内を移動中に誰かはぐれてないか等
色々と気を遣わないといけないところがあります。

最悪、予定していた新幹線に乗れなくなる・・・という危険性もある訳です。

なので、移動の時は通訳もピリピリします(笑)

Helloween13.jpg



で、無事に次の公演地に着くとホッとする訳ですw

会場に着いてからはは舞台上で作業するクルーと日本人舞台スタッフとの間の通訳をしたり
楽屋まわりで色々と発生する仕事の対応にあたったり。
と、何だかんだバタバタして時間が過ぎていきます。

Helloween14.jpg


やがてステージも完成し
バンドが会場入りしてサウンドチェックが行われます。

サウンドチェックが終わると開場して本番を待ちます。

Helloween03.jpg


そしていよいよ本番スタート!
無事に本番が始まってくれるとこれまたホッとする訳ですが
だからと言ってゆっくりショウを観るという訳にもいかず・・・
終演後の帰りの移動の段取りや翌日の行程の確認等
色々とやることがあったりします。
とは言っても、少しぐらいは本番見ますけどねw

Helloween10.jpg


終演後はクルーが舞台上で撤去作業を行うので
またまた日本人スタッフとの通訳が必要な場合はアシストします。
そして撤去作業が落ち着くとホテルへ帰る車の最終的な段取り。
翌日が移動日だったりするとメンバーやクルーの荷物をまとめて
次の公演地に運ぶ段取りもしないといけません。

何だかんだで全ての業務が終わるのは午後の11時とか12時。

と、ツラツラと書いていたら長文になってしまいました(笑)
HELLOWEENに限らず、クルー通訳の仕事とはこんな感じです。
結局、仕事内容の説明で終わってしまいましたね(笑)

ということで【後編】はもう少し日記らしい感じにしてみたいと思いますw

お楽しみに!

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

いよいよ今週末!

いよいよ今週末2月27日(土)は
TOKYO ROCK BLASTER今年最初のライヴです!

今回もワンマン公演でガッツリ3ステージ演奏します。
2ステージ目はRATT特集!

ゲストは初期TRBを支えてくれた女性ロックヴォーカリストの久保田陽子!
そして沖縄からはLino.がTRB初参加!

司会にはお笑いコンビ「メイデン玉砕」の橋山メイデン氏!

ロックTシャツショップのTOKYO ROXXも出店します。

更にプレゼント企画も予定しております!

今年も楽しさ満載のTRBライヴ!
是非、今週末の土曜日は新宿WildSide Tokyoへ!

よろしくお願いします!!!


trb20160227web-simple4-s.jpg


★SPECIAL GIG at the WildSide Tokyo Vol.4★

2月27日(土)新宿WildSide Tokyo
http://ws-tokyo.com/

開場 18:00/開演 18:30
前売 ¥3,000-/当日¥3,500-
*ドリンク代別
*ワンマン公演/3ステージ
*2ndステージはRATT特集!

前売りチケットのご予約はこちらから:
http://form1.fc2.com/form/?id=921486

TRBライナップ:
ルイス・セスト(Drums)
藤井重樹(Vocals)
大上龍(Guitar)
清水克輔(Guitar)
弦鬼(Bass)
KAN(Chorus)

Special Guest:
久保田陽子(Vocals)
Lino.(Vocals)

司会:
橋山メイデン

TOKYO ROXX ロックTシャツ出店

*プレゼント企画あり!!

懐かしいMV

Facebookにもアップしましたが・・・

ちょっと懐かしいMVです。
発表してからもうすぐ10年・・・早いなw

以前、自分が在籍していたDEAD EYED SPIDERというバンドのMV。
デビューアルバムだった『Show Me Your Blood』リリース時に制作されたものですが
インディーズだったということもあって予算もそんなになかった訳で。
今だから言えるけど、かなりDIYな作品でした(笑)

編集等はレーベルの方にやってもらったんですけど
素材撮りは殆ど自分でやった覚えがありますね〜

ライヴ映像は実際にライヴを行った際にカメラを何台か借りて
スタッフに客席2カ所から撮影をお願いして、ドラムの横に1台固定カメラ・・・
ライヴハウスの固定カメラも使っているはずです。

ライヴ以外のカットに関しては全て自分の手で素材を撮りましたね。
頭の雲の映像とか、登場する猫もうちの猫だし(笑)
血のりを買ってきて新聞にたらしたり、自分の腕にたらしたりw
それはそれでやってて楽しかったし、良い思い出ですよ。

ここのところ色々と忙しくて時間が無いから難しいけど
映像編集とかやってみたいな〜なんて思う時もありますね。
TRBでも何かしら映像を発表できたらいいな〜とか。
まあ、いつか時間の余裕があったら・・・(笑)

そんな訳で、よかったら懐かしいMV見てやってください!

TOKYO ROCK BLASTERライヴ@WildSide Tokyo

TRBのライヴ直前にしか更新されないブログになりつつありますが・・・

はい、反省してます・・・

という訳で、明日はTOKYO ROCK BLASTERライヴ@WildSide Tokyo!
今回も2ステージのワンマン公演です!


trb20150910web-simple-s.jpg



TOKYO ROCK BLASTER
★SPECIAL GIG at the WildSide Tokyo Vol.2★

9月10日(木): 新宿 WildSide Tokyo

会場ウェブサイト:
http://ws-tokyo.com/


開場 19:00/開演 19:30
前売 ¥2,500-/当日¥3,000-
*ドリンク代別
*ワンマン公演/2ステージ + アコースティックタイム

前売りチケットのご予約はこちらから:
http://form1.fc2.com/form/?id=921486

TRBライナップ:
Louis Sesto (Drums: SOUL DOCTOR / ex BLINDMAN)
Fujishige (Vocals: NAKED MACHINE / COUNT 9)
Tatsu Ohue (Guitar: DIABLO GRANDE / ex WIRED)
Genki (Bass: LEGEND / ex BUMP N' GRIND)
Katsusuke (Guitar: ex WAR CRY)
Fumihiro Naruse (Guitars: ex WILLPOWER / ex SUN DANCE)
Kan (Chorus: ハチメタ / CLOUDNINE@CHELSEA☆BOMBS)
Akane(Vocals: VELVET☆CHERRY)

ゲスト:
Masha(Guitar: ex-CRYING MACHINE)


Masha-1s.jpg


ゲストには期待の若手ギターヒーロー:
MASHA(ex-CRYING MACHINE)が参加します!
自分がBLINDMANに復帰していた時期に
何度もCRYING MACHINEと対バンをしたのですが
ともかく華があって、テクニックもある素晴らしいギタリストです!
「一度は一緒に音を出してみたい!」
と思っていた数少ない若手HRギタリストなので
今回はゲスト出演を快く引き受けてくれて嬉しかったです!
ともかく明日の共演が楽しみです!


ハーフタイムショウ(アコースティック・タイム):
Standing dog with KAN


Standing-dog-s.jpg


ハーフタイムショウとしてフジシゲ&チバヒロミチによる
アコースティック・ユニットStanding dogの出演が決定しました!
TRBコーラスのKANちゃんも加わって
超レア&スペシャルなStanding dog with KANが実現!

今回も内容盛り沢山でお送りします!
お見逃しなく!

物販情報:
今回も会場にてTRBオリジナルTシャツを発売致します!
残り枚数も少なくなってきましたので、まだゲットしていない方は是非!

TRB-Tシャツ


サイズはS〜XLまで!
価格:¥2500(税込)

よろしくお願いします!!


TOKYO ROCK BLASTERライヴ

久しく(どころじゃないよね・笑)ブログ更新してませんでしたが・・・

今週末、2ヶ月ぶりのTRBライヴです!
お時間のある方は是非遊びに来て下さいね。
今回も色んなカヴァーやります。
地元ということもあって、恒例のマニアック選曲も何曲か(笑)

元住吉POWERS 2はお酒も料理も美味しいので、そちらもおすすめ!
ハードロックとお酒と料理の絶妙はコラボで
楽しい空間ができればと思ってます。
是非楽しい時間を共有しましょうね!

詳細はこちら:

5月16日(土) - 元住吉 POWERS 2

開場 18:00/開演 19:00

チャージ: ¥2,000-(オーダー別)

*2ステージ

今回のTRBライナップは:

Louis Sesto (Drums - SOUL DOCTOR / ex BLINDMAN)
Fujishige (Vocals - NAKED MACHINE / COUNT 9)
Tatsu Ohue (Guitar: DIABLO GRANDE / ex-WIRED)
Genki (Bass: LEGEND / ex-BUMP N' GRIND)
Katsusuke (Guitar: ex-WAR CRY)
Kishi Ken (Guitar: TOMMY SWORD / ex-SHRIEKER)
Kan (Chorus: ハチメタ / CLOUDNINE@CHELSEA☆BOMBS)

trb20150516web-simple-s.jpg



ゲスト:
Erik Reiff from『Moss』
チバヒロミチ from『Spin out jenny』

Erik-Chiba-s.jpg



次回ライヴはまだ未定なので・・・
お時間のある方は是非!!

プロフィール

Louis Sesto

  • Author:Louis Sesto
  • ドラマー、ドラムテック、
    通訳、翻訳、舞台監督、
    ツアーマネージャー等
    音楽関係の仕事を色々。
最近の記事
Facebook
Twitter
カウンター


QRコード

QR
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード